転職したい医師がするべきこと

キャリアの棚卸しをしよう

医師が転職するときには下準備を行うのが大切です。まずは転職するときにキャリアとしてアピールできる点をまとめるのが最も重要になります。医師は専門的なスキルを活用できてこそ意味があるので、自分がどのようなキャリアを持っていて実績をどれだけ上げてきたのかを端的に説明できるようになることが必要です。キャリアの棚卸しをして、医師として魅力的な面を整理しておきましょう。もし弱点が明確に見えてしまうような場合には、今の職場で少しでも経験や実績を積んでカバーできるようにしてから転職した方がより良い待遇を受けられる可能性が高まります。スキルアップが必要になるケースもあるのでまずはキャリアの棚卸しから転職準備を始めるのが賢明です。

転職先の希望を決めてから求人探し

キャリアの棚卸しをして人材としてそれなりに魅力があるとわかったら、転職活動を始めて希望する転職先を見つけられると期待できます。しかし、求人探しをすぐに始めてしまわないのがポイントです。まずは転職先についての希望を決めてから求人を探し始めるようにすると満足できる転職を実現しやすくなります。給料がどの程度か、勤務地の候補はどのエリアか、勤務時間や勤務日数はどの程度が良いかといった観点だけでなく、仕事内容についても考慮して条件を列挙しておきましょう。その上で求人探しを始めると妥協せずに良い求人を探せるようになります。転職サイトを使って求人を探すのも比較的簡単になるので、下準備として重要なプロセスです。