気になる!医師のアルバイト事情

専門性重視と資格重視の二つが存在

医師がアルバイトをしてできる仕事は二種類に大きく分類することができます。専門性を重視して現場で即戦力として働いてもらうことを考えているアルバイトがまず挙げられるものです。専門医として働いているときにアルバイトをしてもっと経験を積みたいと考えたり、収入を増やそうと思ったりしたときによく選ばれています。もう一つが医師と資格を持っていることを重視しているものであり、特別な経験は要求されません。新しい分野のスキルを習得する目的を持っている場合や、責任の少ない仕事に従事できるメリットに着目した場合に選ばれているアルバイトです。同じ病院内の別の診療科で募集されているアルバイトに携わるということもあります。

どちらも給料が高くて魅力的

常勤で働いている医師の多くがアルバイトをしているという実情があります。勤務先から明確にアルバイトを禁止されていない場合にはほとんどの人がアルバイトをしているのが実情です。これは専門性を要求されるアルバイトも資格だけが要求されるアルバイトも共に給料が高くて魅力的だからであり、能力も高くなって経験も積めることから一石三鳥になっています。そのため、時間と体力が許す限りは本職に加えてアルバイトをしようという気持ちが湧いてきやすいのです。アルバイトを通して適職を見つけ、転職をするという医師もいます。医療業界は広いので多様な経験を積めるのはメリットが大きく、アルバイトは重要な体験の機会になっているのです。